げんき本舗治療院の強み

げんき本舗治療院の強み

治療の方針

東洋医学では、西洋医学とは異なる独特の診察法があります。
患者さんの症状を聞くのはもちろんですが、脈を診るのを重視します。東洋医学における脈の見方は、速さだけではなく、強さや深さ、形など、さまざまな変化を読みとり、体の状態を判断するものです。
オステオパシーは、アメリカで発祥した治療法で、身体全体のひとつのユニットと考え治療を施すなど、東洋医学と共通した概念があります。
当院では、このような医学に見られる総合的な見地から詳しくお体の状態を見た上で治療を行います。
おおよそ40分から1時間の時間をかけ、じっくりと治療を行います。
また、もし、医師の診察が必要な場合は、その旨をお伝えします。

ではどうぞ、当院のホームページをご散策ください。

診療内容

オステオパシー

オステオパシー

オステオパシーとは、アメリカ発祥の医学です。 からだをひとつのユニット(構造体)と考え、総合的に治療します。

整体などとよく似た手法もありますが、オステオパシーは、カイロプラクティックや整体とは違います。 からだ全体を、解剖学・生理学的に見て、安全に穏やかに、正常で健やかな状態にする医学です。
オステオパシーは治療法ではなく、アメリカで発祥し今や世界各国で普及しているひとつの現代医学体系です。ですから、オステオパシー「療法」というのは用語的に誤りです。
東洋医学

東洋医学

我が国では俗に東洋医学といいますが、正確には中国を起源とした医学です。
中国哲学独特の理論を基礎としますが、身体全体を総合的に見る点でオステオパシー医学とよく似ています。湯液(漢方薬)や鍼や灸はもちろん、按摩療法も本来はこの東洋医学の手法です。
按摩療法
本来の按摩は、身体の機能を改善することを目的にした東洋医学のひとつです。しかし残念ながら、現在本格的な按摩療法を行える専門家はごく限られるようになってしまいました。
当院では、オステオパシー医学に基づく各種治療法を元にしますが、東洋医学としての按摩療法の特質を生かした手法も必要に応じ行います。
鍼灸療法
鍼灸療法といっても様々な方法があり、鍼灸師によってその方法が異なります。 当院では、東洋医学の特質を生かしながらも、解剖学や生理学といった現代医学的見地から総合的に体を見つめ、穏やかで効果的な治療を行います。
ハリが怖い人も歓迎。どんなに怖い人でも、数回の治療で慣れます。
また、どうしても鍼がだめな人、ワーファリン(血液を固まりにくくする薬)などを服用していて出血しやすい人、糖尿病が悪化し感染に対して抵抗力の弱くなっている人は、刺さない鍼も行います。
また必要に応じ、通常の鍼治療に加えて刺さない鍼を併用します。この刺さない鍼(接触鍼といいます)は、大変技術を要するものですので行うところは少ないのですが、適切に行うと、非常によい結果をもたらします。

当院では、原則として部分的な場所への治療は致しません。 どのような症状、病気であっても、全身を拝見し、総合的に考えて治療を行います。また痛みだけではなく、身体のさまざまな不調に対応しますので、お気軽にご相談ください。

参考・WHO(世界保健機構)が鍼灸治療適応と認めた疾患

神経系
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系
気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔
代謝・内分泌系
バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖・泌尿器系
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・インポテンツ
婦人科系
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃腺炎
眼科系
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科系
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

こんな人にお勧め

  1. 1 長い間の症状に悩んでいる方。
  2. 2 いろいろな医院・病院や治療院に通ったが、思わしくなかった方。
  3. 3 いままで、鍼灸や按摩治療を受けたけど、不満が残った方。
  4. 4 全身の細かなケアを望まれる方。
逆にこんな方にはお勧めできません。
  1. 1 健康保険治療を望まれる方。
  2. 2 内容よりも、値段が安い方がいいという方。
  3. 3 とりあえずつらいところだけ触ってくれればいいと考える方。
  4. 4 姿勢の指導や細かな日常の注意などはいらないし、従う気もないという方。
当院では、完全に治るのかそうでないのか、或いはどれくらい治るものなのかをはっきりと申し上げます。治療効果が望めない病気に対して、いたずらに治療を引き延ばすということはいたしません。