「げんき本舗治療院」・大阪・高槻の鍼灸院、オステオパシー治療院
「げんき本舗治療院」・大阪・高槻の鍼灸院、オステオパシー治療院

オステオパシー、鍼灸なら大阪・梅田と京都の中間、高槻にあるげんき本舗治療院

トップページ 初めての方に 最新のご予約状況 当院の紹介 対応する症状

仮性近視

仮性近視は偽近視ともいいます。

眼の焦点をあわせるには、眼球の中の水晶体(レンズの役割をします)がふくらんだり伸びたりすることが必要です。この水晶体を動かすための筋肉が毛様体筋で、この筋肉が収縮することで水晶体が厚くなり焦点を合わすことができます。この毛様体筋の過剰収縮により調節しすぎる状態になるのが仮性近視です。この緊張した状態を長く続けていると、仮性ではなく本当の近視になることがありますので注意が必要です。

毛様体筋の持続した緊張は、鍼灸やオステオパシーで解きほぐすことができます。効果は人により様々ですが(実は、仮性近視と思っていても、本当の近視だったり、乱視などが混ざっていることもあります)、おおむね良好な効果が出ます。

ご利用者様の声
男性・8歳(お母様から)
学校の検診で近視になりかけているとのことで眼科に行ったところ、仮性近視と言われました。姿勢を正しくして暗いところで眼を使わないようにとの指導でしたが、徐々に進行していきました。知り合いの紹介で、小児はりを受け始めると、仮性近視の進行がかなり遅くなりました。げんき本舗治療院でも、姿勢などをかなり注意されました。ありがとうございます。

 優しく行うオステオパシー、鍼灸療法‥げんき本舗治療院