「げんき本舗治療院」・大阪・高槻の鍼灸院、オステオパシー治療院
「げんき本舗治療院」・大阪・高槻の鍼灸院、オステオパシー治療院

オステオパシー、鍼灸なら大阪・梅田と京都の中間、高槻にあるげんき本舗治療院

トップページ 初めての方に 最新のご予約状況 当院の紹介 対応する症状

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアに伴う諸症状も、げんき本舗治療院でよく扱うものです。椎間板ヘルニアとは、背骨の隙間にある椎間板というクッションの役割を果たすものの一分が飛び出るものを言います。その飛び出た部分が神経に触るため、症状が出ると考えられています。

腰に椎間板ヘルニアが起こったときの諸症状の多くは、殿部から太ももの後ろの痛み、足のしびれ、知覚鈍麻といった坐骨神経に沿ったものです。

また首に椎間板ヘルニアが出ることもあります。この場合、腕の方に痛みやしびれが出ます。

一般的に整形外科では、椎間板から飛び出た部分が何とかならないと治らないとしますが、実は全く症状のない人を詳しく検査しても、60パーセントにヘルニアが見つかるといったデータもあります

一方、椎間板ヘルニアが真の原因ではないという説もあります。ヘルニアはきっかけにしか過ぎず、実はその周囲の筋肉に問題があるという考えです。このような考え方に基づく症状を筋筋膜性疼痛症候群といいます。

参考・筋筋膜性疼痛症候群研究会

実際、鍼治療やオステオパシーによる治療を行っていると、椎間板の状態は変わらないのに、その症状が治まってくると言うことによく遭遇します。治し方は、やはり、椎間板ヘルニアがあると言われる周囲にある筋肉の緊張を解きほぐす、これにつきます。

しかし、単に緊張を解きほぐすといっても、単純に揉んだりたたいたりしてはだめです。かえって悪化する可能性もあります。

げんき本舗治療院では、椎間板ヘルニアによる諸症状の緩和に、鍼治療やオステオパシーの治療を行い、的確に緩和をはかります。

利用者様の声
60代・女性 元々ヘルニア持ちで最近は脊柱管狭窄症ともいわれていました。足首から下の感覚が鈍く、またおしりの痛みもあったのですが、今ではとても腰を使ったとき以外、感じなくなりました。
 優しく行うオステオパシー、鍼灸療法‥げんき本舗治療院