「げんき本舗治療院」・大阪・高槻の鍼灸院、オステオパシー治療院
「げんき本舗治療院」・大阪・高槻の鍼灸院、オステオパシー治療院

オステオパシー、鍼灸なら大阪・梅田と京都の中間、高槻にあるげんき本舗治療院

トップページ 初めての方に 最新のご予約状況 当院の紹介 対応する症状

扁桃炎

扁桃というのは、のどの奥を取り巻くように存在する免疫器官で、それ以上奥に細菌やウイルスなどが行かないようにする機能を持っています。

よく扁桃腺といいますが、これは俗称で、扁桃が正しい名称です。

細菌やウイルスがのどの奥に侵入しようとすると、扁桃が反応して逆に炎症を起こします。すると、のどの痛み、発熱などを引き起こします。これが扁桃炎です。ひどくなれば扁桃が腫れすぎて呼吸ができなくなり、こうなると早急な医師の治療が必要となります。

げんき本舗治療院では、扁桃炎に対して鍼灸またはオステオパシーの手技を用い、扁桃自体に働きかけるとともに、全身状態の正常化を図ります。そのことにより扁桃炎の早期の改善を図ります。

たとえば早期の扁桃炎でしたら、1度の施術で改善がみられることもあります。

カゼについてはこちらをご覧ください。

咽喉頭炎についてはこちらをご覧ください。

ご利用者様の声
男性・40代
子供の時から、かぜをひくと扁桃腺が腫れて痛くて困っていました。今回また扁桃腺が腫れたので、試しにげんき本舗さんの治療を受けてみました。鍼の方がいいでしょう、とのことで怖かったですけど、鍼治療に初挑戦。次の日にはかなりのどが楽になっていました。5日後にもう一度治療。そのときには相当治っていたんですが、2回目の治療ですっかりよくなりました。それ以来、かぜをひくと、早めにげんき本舗さんにお世話になることにしています。
 優しく行うオステオパシー、鍼灸療法‥げんき本舗治療院